会社情報

TOP > 会社情報

ごあいさつ

信楽高原鐵道は、JR信楽線を引き継ぎ、昭和62年7月、第三セクター鉄道として開業しました。
貴生川(甲賀市水口町)から、信楽間を結ぶ延長14.7キロメートルの鉄道です。

信楽町には、豊かな歴史と信楽焼の里として、また標高285メートルの緑あふれる高原の町として、優れた観光資源がございます。
なかでも信楽焼は、今から1,275年前の742年、聖武天皇により離宮として造営された紫香楽宮の宮瓦を焼くために始まったと伝えられ、日本六古窯の1つに数えられております。

信楽駅を一歩出ると、高さ5メートルの、大だぬきのお出迎えがあり、道筋に大小さまざまなユーモラスな狸の置物が並ぶ町の光景は、ほかでは見られない焼き物の里として、独特の雰囲気に満ちています。

沿線は、緑深い信楽高原の急勾配を走り、車窓からは四季折々の草花が見られ、春は新緑、秋は紅葉に代表される素朴で美しい自然がお客様の心を和ませてくれます。

「高原と焼き物の里」という観光資源を生かし、また地域の公共交通機関として、『信楽高原鐵道』に乗車して陶都信楽へ是非お越しください。

会社概要

商号 信楽高原鐵道株式会社
本社所在地 〒529-1851 滋賀県甲賀市信楽町長野192番地
連絡先 TEL:0748-82-3391 / FAX:0748-82-3323
設立 昭和62年2月10日
営業開始 昭和62年7月13日
資本金 432,000,000円
事業内容 鉄道事業
賃貸及び貸自転車業
営業区間及び距離 信楽~貴生川間(14.7km)
株主 甲賀市
滋賀県
近江鉄道株式会社
甲賀市信楽地域区長会
株式会社滋賀銀行
湖南市
信楽陶器工業協同組合
信楽陶器卸商業協同組合
信楽商店協同組合

会社沿革

大正11年 4月11日 鉄道敷設法により、予定鉄道路線となる(貴生川~加茂間)
昭和4年   信楽線工事開始
昭和8年 5月8日 国鉄信楽線開業(貴生川~信楽間)
昭和18年 10月1日 営業停止 第二次世界大戦にレール・枕木を供出
4年間国鉄バス代行輸送
昭和22年 7月25日 終戦後町民の枕木材、労働奉仕により再敷設
国鉄信楽線再開業
昭和37年 5月1日 ディーゼル化
雲井駅無人化
昭和38年 6月10日 勅旨駅開業
昭和43年 6月21日 国鉄諮問委員会が信楽線を廃止路線に指定
(以後、数年にわたりさまざまな反対運動が、展開される)
昭和55年 3月15日 信楽線を守る会を結成
  5月18日 第1回信楽線廃止反対住民総決議集会開催
昭和56年 9月25日 特定地方交通線選定の公告
(第一次廃止対象路線[信楽線、他39線])
昭和58年 6月21日 第1回信楽線特定地方交通対策協議会開催
昭和56年度旅客輸送密度が基準を超えたため以降6ヶ月間協議会の開催が中断
以下昭和61年9月5日第5回協議会まで廃止基準を超えて、それぞれ会議中断
昭和61年 4月7日 特定地方交通線第3次廃止対象路線となる
(廃止基準4,000人)
  9月5日 第5回信楽線特定地方交通線対策協議会で第三セクター化了承
  11月4日 信楽線運行対策準備会設立
(第三セクター検討期間として発足)
  12月24日 信楽高原鐵道株式会社設立発起人会
昭和62年 1月19日 第6回信楽線特定地方交通線対策協議会 信楽高原鐵道として開業了承
  2月10日 第三セクターとして、信楽高原鐵道株式会社設立
  5月9日 第一種鉄道事業免許取得
  7月12日 JR西日本旅客鉄道㈱信楽線廃止
  7月13日 第三セクター信楽高原鐵道開業(運転開始)
紫香楽宮跡駅・玉桂寺前駅開業
平成元年 12月1日 利用増進のため陶製干支切符の発売開始
平成3年 3月16日 小野谷信号所新設
  5月14日 列車衝突事故発生
  10月16日 運行休止認可
  12月8日 鉄道運行再開
平成7年 12月18日 輸送力増進のため301号運行開始
平成9年 4月30日 セーフティーしがらき、オープン
平成11年 8月27日 信楽駅1番線使用再開
  9月21日 ATS-S型からATS-SW型に種別変更
平成13年 11月6日 SKR311号車、運行開始
平成14年 9月6日 SKR312号車、運行開始
  10月14日 信楽駅が「近畿の駅百選」に認定
平成15年 5月17日 第1大戸川橋梁「産業考古学会推薦産業遺産」に認定
  10月10日 近畿運輸局 運転無事故表彰受賞
平成17年 10月27日 ATS速度照査用地上子の設置
平成18年 10月6日 近畿運輸局 運転無事故表彰受賞
平成20年 7月8日 第1大戸川橋梁「登録有形文化財」登録
平成21年 10月9日 近畿運輸局 運転無事故表彰受賞
平成24年 10月4日 近畿運輸局 運転無事故表彰受賞
平成25年 4月1日 第2種鉄道事業者
上下分離方式による運行
  9月17日 台風18号の豪雨により杣川橋梁流失の他、20数か所の鉄道施設を被災
鉄道運行休止
  9月18日 バスによる代替輸送開始
平成26年 11月29日 鉄道運行再開
平成27年 10月3日 SKR301号車、引退
  10月4日 SKR401号車、運行開始
平成29年 2月4日 SKR205号車、引退
  2月5日 SKR501号車、運行開始
安全報告書 地域公共交通確保維持改善事業・事業評価
  • 記念・企画切符
  • 鉄道グッズ
  • 広告掲載について
  • おすすめコンテンツ
  • レンタサイクル
  • 枕木オーナー
  • まる得!びわこ京阪奈線フリーキップ
  • SKRの安全車両
  • 信楽まちなか芸術祭
  • 昇龍道
  • あなたにSHOP
  • 時刻表QR
  • PDFをご覧になる場合、こちらをご利用下さい。Get ADOBE READER